雑誌に書いたコラム 写真で伝わること

昨年4月から、ファイナンシャルアドバイザー誌で、「写真一枚でキャリアは変わる」というお題でコラムを書かせてもらっています。

写真写りが良くなりたい人や写真が上手くなりたい人に役立つことも書いているので、ブログに残したいと思います。

言葉では言いにくいことも、写真なら伝わるかも

FA誌 2017年12月号より

⬇︎クリックで拡大

しあわせは、スパイスのある毎日 https://www.facebook.com/しあわせはスパイスのある毎日-184172825465268/?pnref=lhc

よしだのお肉 吉田畜産株式会社 吉田理恵さん

「プロ中のプロ。」自信を持って仕事をしている人なら、そう呼ばれることも良くあるでしょう。

でも、ウェブサイトなどではじめて出会う人に、他のプロとは違うことを言葉で説明するのは、簡単ではありません。

説明して、わかってもらえるかもしれませんが、残る印象は、また別です。

私のスタジオの場合、サイトから来てくれたお客様に聞いてみると、最初に、「写真が印象に残って、他のサイトをたくさん見て、もう一度戻って読んで、ここしかないと思った。」という方が多い様です。

最近のお客様から聞いた「どこも(撮影スタジオ)、うちはこんなに上手とか、すごいとばかり言っている。」のだそうです。

複数のサイトを行き来しているお客さまにして見たら、「また同じ。」かもしれません。

印象は、説明で作るより、写真に任せてみるのも一つの手です。

写真は、肉の名店よしだのお肉の吉田理恵さん。

お店にならぶ商品の質は、写真を見たらわかりますよね。

前のブログへ
次のブログへ

ブログトップページへ