ブログカテゴリ:2019年10月



SONY から α7RⅣ が発売されたときに悩んだ。 6000万画素超の解像度とAFの凄さは、他のカメラの一歩先を行く。 発売前にSONYストアでさわってみて、α7RⅢ で不満だったこともだいぶ解消されていた。 でも、ひとつだけ、「ちょっと待とう」と思った理由がある。 スペックでは、圧勝のSONYだけれど、NIKONにはあって、SONYには無いものがある。
今回は、光源そのものについて書きたいと思います。 太陽光、白熱灯、LED、蛍光灯などのことです。 写真を撮っていて、「いつもはきれいに撮れるのに今日は上手く写らない」と言うようなことはありませんか。 それ、光源のが原因かもしれません。 普段の生活で意識することはあまりないかもしれませんが、ある特定の光源の下では色が見えにくくなります。 特に料理の写真は、色が汚いと美味しそうには見えませんから、大事なポイントだと思います。