ちょっと昔の仕事の話。雑誌 NAVI

臓器移植

カメラマンになってから今まで、僕の仕事のメインは、人物のポートレイトと言って良いと思う。
とはいうものの、ジャンルを問わず、いろんな仕事をさせてもらった。
2010年ころまで、雑誌の仕事が多かった時は、コラムニストやジャーナリストの方と組んでの仕事も多かった。


この写真は、2009年に自動車雑誌 NAVI に掲載されたもの。
ジャーナリスト矢貫隆さんとの「どうしても言いたい」という連載だった。
普通、雑誌の仕事では、編集者が「次号でこんな特集をやるのでこういう写真を撮って欲しい」というところから始まる。
この連載では、違った。著者矢貫さんから直接電話があり、「次は、⃝⃝の話を書くのでよろしく。」という感じで始まる。
即答で「これをこう撮ります」と答えられることは稀で、たいてい「はい、ちょっと考えてみます」というのが精一杯だった。
そしてほとんどの場合、締め切りまでの時間が2〜3日しかもらえない。
じっと椅子に座って考えることは苦手だ。車に乗って走らせながら考えることが多かった。もちろん、カメラは積んでおく。

お題は、「臓器移植」

羽田空港から
羽田空港で

この回のお題は、「臓器移植・ドナーのの人権」少し前に国会を通った改正臓器移植法についての意見だ。
この法案が通るまで、子供の臓器移植は海外でしか受けられなかった。

医療現場で多くの脳死患者に接し移植手術に立ち会った経験を持つ矢貫さんならではの視点。臓器を受ける側ではなく、ドナーの脳死判定についてだ。

しかし、写真だ。どうする。

3日以内に手術を撮るのは不可能だ。もし撮らせてもらえるとしても、それ、読者は見たいだろうか?そうとは思えない。

「海外での手術」というキーワードが浮かんでとりあえず空港に行って見た。
飛び立つ飛行機を見ていると、飛行機の腹が見える。「腹→内臓→手術」となんとか結びつきそうな気がする。
けど、撮ってみると当然こうだ。上の写真にしかならない。
我ながらしつこいと思うのだが、切り取り方を変えて見たり、機体の光の反射具合を見たりしながら、数百枚は撮ったと思う。
どうしていいのかわからない時は、経験から、偶然に頼るのも手だと思っている。

これ白黒にして、コントラストつけたら、なんとかなるというのものが撮れた。それが一番上の写真。
これは、矢貫さんも、担当の加藤哲也編集長も喜んでくれた。こちらから言わなくても「飛行機の腹が手術を連想させてくれる」と。

 

 

 

 

1989年に、コラムニスト神足裕司さんの紹介で、初めて、当時編集長だった鈴木正文さん(現在GQ誌編集長)とお会いした時こう言われた。

「うちは、ギャラは安いです。お金のために仕事をするのなら、今清水さんがやっている仕事を増やしていくのが良いと思います。」「でも、NAVI で撮ってもらえるのなら、自分が撮りたいように撮ってください。写真は四角くなくてもいいよ」と。

正直、すごい人に会ってしまったなと思った。
鈴木さんが見ていると思ったら、写真を持っていくのが怖かった。緊張したものだ。

NAVI は、2010年に休刊となった。
でも、そんな素晴らしい人たちと20年にわたって仕事ができたことは、カメラマンとして幸せだった。

見てくれる人が、カメラマンを成長させると思う。
本当に感謝しています。